GRECO

GRECO

2017年5月19日金曜日

EG420


普段は、トムマーフィーの99エイジドを使用していますが・・・
結局その音を自分がすでに記憶しているのでこのグレコでもその音に近づく
ように頑張るわけですよね。

その音が出やすいかどうかにかかってくるわけですよ。
このギターが我が家にやってきた時は、なんかちがう って感じ。
たどり着いたのが弦のテンションですね。

4本続けて買ってみましたがどれも全くテンションが自分好みでなかった。
ギターを弾き始めた頃弦のテンションが変わるのは、知っていたが
そのお気に入りポイントを決めることは、出来なかったわけですね。

ピックのアタックなどは、個人差があるのでこのテンションも
人それぞれだと感じています。ストラットキャスターの場合
当たり外れは、このテンションにあると感じています。


音の渦に引き込んでくれるギター

EG480&420のネックジョイントここが肝心

 ジョイントここが肝心、当時何を研究してデタッチャブルを作ったのか?
フェンダーを分解? よくできてると思う。最近のデタッチャブルは、機械の精度が上がったのでさほど気にならないがちょっと前の安物ギターは、ここの作りがいい加減な物もあったと感じています。グレコのこのジョイント部分は、40年が過ぎても、みているだけで綺麗だと感じますよね。これが音のいい原因につながっていると感じています。
フェンダーがヴンテージで音がいいと言われる原因も、もしかするとネックのジョイント加工ですかね。当時の職人さんの違いってジョイントのざぐりの手かげん、作り方
のような気がしてならない。グレコにも同じことが言えると感じています。
 寄木細工は、今見れば見るほど感心してしまう。
 下の480は、痛みがひどくひび割れしているが今でもちゃんとしていますよ。
手作業の痕跡が一本一本違う。ある程度オートメーションだったのだろうが
今これ作れるのかなぁ?  単板で作った方が楽チンですよね。



 このギターの評価が低すぎるよなぁ、スーパーリアルは、同じに作ればというゴールがあったはず。420、480は、どこをゴールとしていたのか? ギターの形は、ギブソンなのだが
中身が全くオリジナルなので今となると物凄いことのように私は、感じています。
そう思っていない方も当然います。ただのベニヤギターで弾くに値しないと酷評も
見受けられますね。
アルミボディーのギターを2本所有してますがそれを弾いてしまうと木じゃなくても
十分いけてると感じます。ネックのジョイント部分が金属なのでより正確にぴったりなんですね。PUによる音の影響は、かなりのウエイトを占めているとも感じています。

当時は、ギブソンの音がしなくちゃみたいな思い込みが強すぎましたね。
今は、このギターの独特の持ち味、グレコサウンドが魅力的ですね。
ギブソンに似た音だって十分作り出すことも可能なギターですよ。

でも今は、ギブソンである必要がないんですね。そう感じている今日この頃。
弾いた時に自分を音の渦の中に引きずり込んでくれることができるギターが
良いギターなんてすね。

このグレコには、それがある!!


2017年5月18日木曜日

2017年5月14日日曜日

とりあえず交換してみたら・・・・びっくり

フェイズアウトしちゃいますね。網線とビニールだと相位が逆?同じ70年代マクソンだからと甘くみていた。結局元どおり。このWホワイトボビンが接着剤らしきもので固定されているので、いじっていたらボビンが浮いてきた・・・・やばい!!
音というかパワーは、ビニールコードの方がありますね。FB900がビニールコードなんですね。あちらは、ゼブラですね、ステージでは、いい感じで反応してくれるビニールタイプ、ロックですね。このWホワイトは、歪ませていくとちょっとグレコ丸出しという独特の音だと感じました。ステージでは、専用アンプが欲しいですね。共有だとセッティングを変えるようですね。jimmyが所有するギブソンは、同じセッティングでギターの手元でコントロールできますが、このWホワイトのレスポールは、自信ないなぁ。慣れかなぁ?
FB900ファイアーバードは、ギブソンとアンプ共有できそう。

2017年5月13日土曜日

Greco EG-420 ピックアップハウリング対策

 ハウリング対策このギターフルオリジナルなのでなるべくパーツ交換などしたくないので色々調べた結果、スポンジ対策が効果的という記事が載っていたので早速試したらうまいこといきましたね。ホウロウ構造も当時個体差が微妙だったのかなぁ?
スポンジを入れることでたボディーの共振が抑えられたのか?
ステージでは、アンプとの距離感でコントロールできる程度のものでしたが室内アンプの前で弾くときのハウリングが治ってよかったです。ギブソンタイプとは、全く違う作りなので面白い。
ロウ付けしちゃうという方法もあるがPUカバーもオリジナルのオープンタイプで交換したくないし・・・・な。
 マル検タイプ、網線シールド・マクソン刻印・シリアルナンバーと納得のヴィンテージ。
何とか加工なしでハウリング止めたい台所スポンジでバッチリでした。

2017年5月8日月曜日

グレコEG420 480 500のホウロウ構造に魅せられて・・・・・人それぞれですからね。

 ギブソンと比べると・・・・・ナンセンスなのだが。何十年もギブソンを弾いていると飽きる。これが結論!!グレコを思い出して弾いてみると新鮮な訳ですね。
良い音悪い音は、いまの時代使い方次第ですからね。
誰か有名な方が420&480を使ってものすごく良いギターで名機だと言ってしまえば・・・・、そりゃもう大変なことになる。私には、当然そんな影響力もないので
なんとでも好きな事を書けてしまう。
 もしこの作りを今の個人工房で発注したら・・・・おそらくとんでもない金額になるでしょう、当時グレコは、それを量産してお手頃価格で提供していた訳ですね。
中には、当たり外れもあったはずですが40年という時間で良いギターが残った感が感じられます。PUは、やはりギブソンスタイルに変わったものの方が安定しているようですね。
U500ジャズロックタイプは、個体差でハウリングが気になりますかね。FB900のPUは、ビニールコードの後発のようでハウリングは、セーフですね。WホワイトのU500は、編み線タイプの初期型でアンプとの距離感が保たないと微妙。ホウロウボディーなので余計ですね。ギブソンのES330ビンテージセミアコもセンターブロックが入っていないのでP90が暴れますね。かなり感度が良くなっているのでギターを弾いている感覚は、強いですね。
木部の共振を確認しながら立ち位置を考えて弾くギター不便なようで面白い。
今のギターは、良く出来過ぎてますね。
 FB900は、寄せ集めの単板構造なので鳴りがレスポールとは、違いますね。この違いは、グレコ独特なものなのかなぁ。面白い変化ですね。レスポール3本ともネックの作りがまるで違っている。オートメーションのようで手作業だなって感じ。トップ材も3ぼんとも違いがあって楽しいですね。E-500ホワイトシカモアは、豪華ですね。