GRECO

GRECO

2017年5月1日月曜日

EG-420 GRECO


EG480と幅は、同じで厚みのあるネックですね。EG480の方が弾きやすいネック。
420の厚みのあるネックも悪くないと思う。3本それぞれ違うということは、手作り感があると言う事で当時のものづくりの良さが伝わってくる。

EG420は、キャビティーのハンダが外されていないのでこの部分からも
手作業の良さが伝わりますね。

オレンジのアンプを使ったのでシャリ感がちょっとないがこれは。これでいい音ですね。
JCM800の方がいい音が出ますね。

デタッチャブルのネックの仕込み角度もEG480と違うので組み立て時の作業の丁寧さも伝わってくる。40年と言う間に程度の良いものが生き残ったと考える事もできる。

オークションだとこのシリーズは、まだ安値で取引されていますね。
楽器屋経由だと当時と同じ値段まで値上がりしていますね。

スーパーコピーは、ギブソンが帰るまで値上がりしているものもあるようです。
ジャズロックタイプのマクソンのPUは、ギブソンで言うところのPAFだと個人的に
感じてしまいました。音の出方がまるで違う。

このPUも網線とビニール線の2 種類があるようです。jimmyの420は、網線タイプですね。

もしこのギターを今オーダーで一本作るとするととんでもなく手間のかかるギターという事になりそう。 このクウォリティーが出せるのかぁ?

ストラトのヴィンテージだってデタッチャブルでとんでもない金額になっているわけで、このグレコが未だ当時の金額程度で取引されている事にびっくりですね。
とても良い事だと思います。

お手軽にヴィンテージ感覚を楽しめる素晴らしいギターだと感じています。

0 件のコメント:

コメントを投稿